質の高いコールセンターを構築

日本初のAsterisk(オープンソース)ベースの
ソフトウェアIP-PBX

システム構成例

機能紹介

音声自動応答(IVR)の応答フローやコールセンターに必要な着信呼分配機能(ACD)などの設定
を、
WEB画面で簡単に行うことができます。

1
少人数でより多くの電話対応 [IVR]


IVRアクション部品を選択してツリー状に配置することで、音声自動応答フローが簡単に作成できます。状況やニーズによって頻繁に変更が求められる再生アナウンスや応答フローを、自社でメンテナンスすることができます。また、外部DBとの連携も容易に実現可能です。

音声自動応答(IVR)の応対の流れを、WEB画面で簡単に設定・変更できます。

2
リアルタイムな座席情報 [Cyber MIS]


オペレーターの状況を運用されている座席表イメージでリアルタイムに状態把握ができます。その他、オペレータの待ち呼数、お客様の待ち時間など全体的なコールセンター状況の把握を行うことができます。

オペレータの状況を運用されている座席表イメージでリアルタイムに把握できます。

3
リアルタイムで統計情報を把握 [Cyber MIS]


コールセンターの状況をリアルタイムに表示します。また、コールセンターの分析を行うために必要な各種指標を統計データとしてレポート出力することが可能です。

現在のコールセンターの状況をリアルタイムに表示します。

4
効率の良いコールセンター運用 [ACD]


コールセンターへの通話をオペレータへ効率よく分配するルール設定を行うことができます。また、IVR経由の場合には、応答フローによりお客様が選択した要件を、電話対応前にオペレーターへ音声アナウンスすることができます。

5
Cyber IP-PBX向けソフトフォン [Cyber BS-Phone]


Cyber BS-Phone は必要な機能を最小限に、簡易的なオフィス電話としてカジュアルに利用可能なソフトフォンです。
本ソフトはCyber IP-PBXとの組み合わせや、簡易的なコールセンターでの利用をお勧めします。

6
多機能なコールセンター向けソフトフォン [Cyber CC-Phone]


Cyber CC-Phoneは、ワンクリックでエージェントの状態(ログイン/ログアウト、ワーク中、離席中、待機中)を変更できます。フレキシブルキーはユーザが自由に機能を割り当てることができ利便性を高めます。

■機能例
パーク保留、短縮ダイヤル、ワンタッチダイヤルなど また、電話帳は共有電話帳とプライベート電話帳の2つを備え、別々に管理が可能です。電話帳に顧客情報が登録されていれば、着信画面に顧客名が表示されます。 本ソフトは本格的なコールセンターでの利用をお勧めします。

7
CRMアプリケーションとの簡易連携


ご新規でCRMの導入を検討されているお客様。または、すでに導入済みのお客様へ。 当社が無償提供する連携APIを利用することで、発信者番号やダイヤルイン番号などのデータ連携が可能です。 業務運営の更なる高度化、効率化が簡単に実現できます。 CRMベンダー様におきましても、当社製品を音声プラットホームとした低価格システムの提案をサポート致します。

8
マルチテナント機能を標準装備


1台のIP-PBXを複数の企業や拠点で運用する場合、個別に電話環境を管理することができます。

9
ライセンス追加で機能拡張


ユーザなどのライセンスを適用するだけで内線数を拡張できます。また、音声自動応答機能(IVR)および着信呼均等分配機能(ACD)などのオプション機能も1ライセンス単位で追加でき、ハードウェアによる制限はありません。

10
電話機の運用管理を自社で設定・変更


内線番号の設定・追加などをWEB画像で簡単に設定・変更でき、専門業者に依頼する必要がありません。

11
ボイスメール機能を標準装備


音声によるメッセージを一時的にシステム内に蓄えて、自分あての伝言を任意の時間に聞くことができる機能を標準装備しています。

12
業務を効率化する自動注文受付機能


無人での自動注文受付・処理、着信の転送、夜間・休日の自動受付などの機能も、IVR機能を拡張することで対応可能になります。

IVRレンタルサービス

サイバーコム内に構築したCyber CTIのIVR機能を利用して、お客様の情報案内やエンドユーザー用件別の電話転送が可能となります。また、DBと連携することで、注文受付などのシステム構築が実現できます。

Cyber CTI トップ

Cyber CTIを動画と5つのポイントでわかりやすくご紹介いたします。

詳しく見る  >

できること

Cyber CTIを導入することで得られるメリットを解説いたします。コストの削減や運用方法の違いをぜひご確認ください。

詳しく見る  >

クラウドサービス

初期導入費・ランニングコストを大幅に削減可能なCyber CTIのクラウドサービスをご紹介。ご利用開始までは最短1週間。

詳しく見る  >