Cyber GWは、ひかり電話とSIPサーバーを接続するソフトウェアゲートウェイです。 本製品を利用することで既存のSIPサーバーを直接ひかり電話として使用することができ、 低価格で高品質かつ信頼性の高いIP電話サービスの利用が可能となります。

ひかり電話オフィスAが提供する最大チャネル数(300ch)をサーバー1台で利用できます。 管理ツールから簡単な設定で、ひかり電話ゲートウェイとして利用が可能です。 Cyber GWはNTT東日本及びNTT西日本が提供するひかり電話の検証試験に合格しており、安心してご利用になれます。購入はCyber GW一式(サーバ+ソフトウェア)、または、ソフトウェアのみのご購入から選べます。 通常、ひかり電話を構内のSIPサーバーへ接続する場合、NTTより回線接続の認定を受けたゲートウェイを用いる必要があり、高額な投資となりますがCyber GWでは、お客様利用環境(接続チャネル数)に合わせた価格により、低価格で既存のSIPサーバー※をひかり電話で使用する事ができます。 ひかり電話の利用により全国一律の通話料、同一契約グループ間であれば定額化が可能なため、通信コストの大幅な削減に繋がります。 ※全てのSIPサーバーが接続できる訳ではございません。

※:ひかり電話回線は、NTT東日本、NTT西日本が提供する個人、企業向けIP電話サービスです。    ひかり電話の利用に際しては、「フレッツ光ネクストまたはビジネスイーサワイド」の契約が必要です。

Cyber GWのインストールには以下のスペックが必要となります。

CPU 1GHz以上(チャネル数により変動)
メモリ 1GB以上(チャネル数により変動)
NUC WAN×1、LAN×1
対応OS RedHat5.8、CentOS5.8
ページトップへ