Cyber-Smart CTI製品紹介

point1

オープンソースの活用で導入コストの大幅削減

point2

ひかり回線を直収容することで、設備投資コスト削減

point3

質の高いコールセンターを構築。設定・変更は社内で運用が可能です。

point4

お客様のコールセンターシステムに対する細かいご要望に対応いたします。

point5

冗長化・仮想化を実装可能。ハードPBXに負けない信頼性・冗長性を確保

POINT1

IP電話の利用による通話料の大幅低減

Asteriskロゴ

オープンソースの「Asterisk」がベースのため、初期導入費用を抑えることができ、従来の2分の1の導入費用でコールセンターを構築できます。当社は長年にわたり、「Asterisk」の活用を検討して参りました。

POINT2

ひかり回線を直収容できるので、設備コスト削減

ひかり回線直収容

ひかり電話オフィスタイプ、FUSION IP-Phoneを直収容できるため、高価なゲートウェイへの設備投資費用や保守費用も低減できます。 「フレッツ光ネクスト」のひかり回線を直接収容できるAsteriskベースのソフトウェアIP-PBXは日本初です。 これは、当社の技術が高く電話局回線との接続に信頼が持てる証となります。

POINT3

質の高いコールセンターを構築。設定・変更は社内で運用が可能です。

IVRフロー設定

音声自動応答(IVR)の応答フローやコールセンターに必要な着信呼分配機能(ACD)などの設定を、WEB画面で簡単に行うことができます。 電話機の設定はもちろんのこと、音声自動応答(IVR)フローの追加や変更、設定までユーザレベルで設定可能なWEB画面があり、簡単に操作することができます。 またオプション機能もライセンスをインストールするだけで利用することができるため、専門業者に依頼する必要がなく運用コストを削減できます。

POINT4

お客様のコールセンターシステムに対する細かいご要望に対応いたします。

コンサルティングの様子

「Asterisk」とコールセンターを知り尽くした当社だから、コールセンター毎にある細かいご要望にしっかりと対応いたします。 メーカー製品やクラウドCTIシステムでは、対応が厳しいシステムカスタマイズを当社はコンサルティングの上、運用形態まで含めご提案差し上げます。

POINT5

冗長化・仮想化を実装可能。ハードPBXに負けない信頼性・冗長性を確保

複数台のサーバ

お客様からの問い合わせを受け付けるコールセンターシステムは、お客様のご意見を伺う企業の最前線システムにトラブルは許されません。 汎用サーバーを使用しますが、冗長化・仮想化などによりハードPBXに負けない信頼性・冗長性を確保し、コストパフォーマンスに優れた信頼できるシステムが構築できます。 さらに他拠点にまたがる大規模なコールセンターシステムの場合は、サーバー自体を複数台配置し、さらに自然災害なども含めたリスク管理を含んだシステム構成が可能です。

お見積りはお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ